無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←前の記事 Top 次の記事→
ドラフトについて思うこと。
ロッテ突然の指名予告に八重山商工・伊志嶺監督「話が違う」
                                              (スポーツ報知)

毎年ドラフトは楽しみにしていますが、かわいそうで見ていられなく場面もあります。今年も八重山商工・大嶺くんのショックを受けている姿は見ていて胸が苦しくなりました。
大嶺くんは早い時期から地元九州のソフトバンクと相思相愛で他球団は手を引いたと言われていました。そのためホークスの単独指名を確信し、社会人チームからの誘いも断ってこの日を待ちわびていました。しかしいざ蓋を開けてみるとロッテがまさかの強行指名。・・・ranking
 

人気blogランキング  にほんブログ村へ
            
そりゃ、大嶺くんと周りの関係者は突然の出来事にショックを受けますよ。。

毎年のことながら辛いです、こういうのは。せっかく念願のプロになれるのに水をさされた形。これは制度だからしょうがないですが、どうしてロッテは気持ちの準備ができるくらい前に指名予告をしなかったのか、疑問に思います。相思相愛と言われている球団があるのなら、突然の指名でショックを受けるのは当然分かっているはずですよね。。

でも根本的な原因は現行のドラフト制度です。僕も完全ウエーバー制には賛成。できるだけ早く実行してもらいたいものです。でないと可哀相な高校球児が増えてしまいますよ。最初から希望球団に行けないことが分かっているなら諦めもつくでしょうが、今の中途半端なドラフト制度は高校球児を傷つけるだけです。

昨年も、ホークスは相思相愛と言われてきた陽選手を日本ハムに奪われたし、1998年には新垣絡みで悲惨な事件も。。当時、新垣はホークスにしか行かないことを明言していましたが、オリックスが強行指名。しかし新垣の意思が変わらなかったため、当時のオリックスのスカウトは自殺するという痛ましい事件も起きました。自殺した三輪田スカウトも同情しますが、これからそういう十字架を背負っていかなければならない新垣もかわいそうです。なんとか今は野球選手としてやっていますが、何度も野球を辞めようと思ったそうです。2003年のドラフトで念願叶ってホークスに入団しましたが、全く笑顔はありませんでした。

こういうことをなくすためにも早く完全ウエバー制に移行するべきですよね。どこかの人気球団が拒否しているんでしょうけど、ちゃんと選手のことを考えてほしいです。

               人気blogランキング
               ♪ポチっとお願いします♪



| こーいち | ホークス・アビスパ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://andy-football.jugem.jp/trackback/119
2006/10/03 8:10 PM posted by: 激安通販 【DVD・CD・本】 格安価格比較ナビ
【川崎宗則】 カレンダーの楽天最安値はこちらから! 【川崎宗則】関連グッズのご案内もしています。 ぜひ1度お越し下さい!