無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←前の記事 Top 次の記事→
『キッドナップ・ツアー』
小説 『キッドナップ・ツアー』角田光代 星星星


<ストーリー>

5年生の夏休みの第一日目、私(ハル)はユウカイ(キッドナップ)された。犯人は二か月前から家にいなくなっていたおとうさん。だらしなくて、情けなくて、お金もない。そんなおとうさんに連れ出されて、私の夏休みは一体どうなっちゃうの?海水浴に肝試し、キャンプに自転車泥棒。ちょっとクールな女の子ハルと、ろくでもない父親の、ひと夏のユウカイ旅行。私たちのための夏休み小説。(本書裏表紙より)
 

                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪
                  

<感想>

前回の『空中庭園』がおもしろかったので角田光代さんの本を続けて読むことにした。この本は一応児童文学だけど、十分楽しめた。角田さんの文章は簡単で、やわらかい。普段のなにげない動作の描写がとてもうまい。イメージしやすくて頭の中で鮮明に世界が広がっていく。


話は一人語りで進んでいくが、それがかなりおもしろい。常に「私」の言動や思考のみしか情報が与えられないから、不明確なところが多く、読者に想像させるように書かれている。そもそもこの話で一番重要な父親の情報はほとんど得られない!なぜハル(私)を誘拐したのか?父親は離婚しているのか?仕事は?など全く分からない。母親と電話で交渉しているが、どのような取引をしているのかは最後まで分からない。情報不足、すれ違い、勘違いが縦横無尽に想像力を駆使させる。こんな小説は初めてだったので新鮮でかなり楽しめた!あえて完全に情報を与えないことでこんなに楽しめるんだ!と感動した。


父親のキャラクターは不思議でつかみ所がない。ハルは大人のように気を使ったりできけど、やっぱりまだ子供っていう微妙な年頃の女の子。一般的な小5の女の子よりも少し子供っぽいところもある。そんな二人の親子っぽくないが、やっぱり親子な関係がおもしろい。


ストーリーも父親に誘拐されるという珍しい展開で先が読めない。誘拐されているのか遊びに行ってるのか、楽しいのか嫌々なのか、父親とハルの関係が微妙に揺れ動いて最後まで飽きることなく読み進めた。


でもこの小説のよ良さは、やはり角田さんの文章だ。簡単だけど他に言い換えようがない言葉で文章が紡がれている。普段の何気ない動きの描写は美しくて心地よい。読むとやさしい気持ちになれる小説だった。

                  人気blogランキング
               ♪ポチっと1クリック♪
| こーいち | 小説  | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://andy-football.jugem.jp/trackback/24