無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←前の記事 Top 次の記事→
『君の名残を(上)』
『君の名残を(上)』浅倉卓弥 星星

<ストーリー>

現代の少年少女3人が平安時代末期にタイムスリップして、バラバラになり動乱の世の中を生きていく話。主人公の友恵は巴御前に、武蔵は武蔵坊弁慶に、志郎は北条四郎義時として生きる。
 


                  人気blogランキング
              ♪まずポチっと1クリック♪
                    

正直、タイムスリップする必要もなくて、最初から歴史小説にしたらよかったんじゃないか?と思う。タイムスリップしたのに3人はそれほど現代に帰りたいとも思わず、すぐに自分の運命を理解し、その時代で結婚したりして生活する。


中学生が突然平安末期にタイムスリップしてすぐ順応できるのか??

すぐ自分の運命を受け入れることができるのか?

現代に帰るのをあっさりあきらめれるのか??

友恵はすぐに木曾義仲と結婚するし。。現代に帰ろうともがいたり、苦悩したりすることがほとんどない!じゃあなんのためにタイムスリップしたの?なんか有り得なくて小説に入り込めなかった。


で、折角3人も主人公がいるのに描写がすくないし。平家とか坊さんの話とか。話が長い。最初からタイムスリップとかせず、歴史小説といしてだったら読んだかもしれないけど。設定がイマイチ納得いかない。


文章も、いろんな人の心理描写とか描きすぎてて、押し付けがましく感じる。もっと読者に想像させてもいいと思う。


文句ばっかりになってしまった。。どうせだったら下巻も読みたいけれど、長いんで、上巻で読むの止めます!!

                  人気blogランキング
               ♪ポチっと1クリック♪
| こーいち | 小説  | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://andy-football.jugem.jp/trackback/30