無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←前の記事 Top 次の記事→
『博士の愛した数式』
『博士の愛した数式』小川洋子 星星星星



前回読んだ「変身」がちょっと重い内容だったので温かい話がいいなと思って選んだ。映画になるとは知らず立ち読みして選んだんだけど、今いっぱいCMやってるね。。
               

この本はずごくやさしい気分になれた。事故により80分しか記憶がもたない数学博士と家政婦とその息子ルートのお話。数学が1番の博士は、記憶をなくすためあまり人と接しようとしない。余計に数学の世界に入り込んでしまっているのだと思う。人見知りだけど、ものすごくやさしさは伝わってくる。初対面の人(記憶をなくすため誰でも)にはまず、博士なりに気をつかって数字の話をしてくるとことか、不器用な感じがとても愛らしく感じた。


数学をといてる時は邪魔をされると怒るが、相手が子供だと何をしても許される。子供のことを常に第一に考えるやさしいおじいちゃん。ルートが怪我をしたときはうろたえ、家からでることもほとんどないのに、ルートをおぶって病院まで連れて行くところとか、80分しか記憶が持たないにも関わらず、ルートの誕生日をカレンダーにメモしてグローブのプレゼントを買って楽しみにしていたとこなんか、博士がどれだけ子供たちを愛していたかというのが伝わってきて、涙が出た。また博士が朝起きてまずすることが、「自分の記憶が80分しかもたない」というメモを見て受ける絶望というのも悲しかった。記憶をなくすため毎朝、そのショックを受け、毎回泣いているところを想像すると、とても残酷なことだと思った。

もう1回読みたくなるようないい話だった☆

                  人気blogランキング
               ♪ポチっと1クリック♪
| こーいち | 小説  | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://andy-football.jugem.jp/trackback/47